webライターとは?プロが仕事内容やリアルな収入を紹介します

スポンサーリンク
副業

「webライターってなに?」「副業でwebライターをおすすめされたけど、どんな感じなの?」など、webライターとはなんなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回はwebライターで副業を成功させた筆者が、webライターについて基本的な情報や仕事内容、リアルな収入などを紹介していきます。この記事を読めばwebライターがどんなものか理解できるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

webライターとは

webライターとは、web上の記事を書く人のことです。雑誌や新聞などと違いwebサイトに文章を書くので、「検索で表示されやすいような文章」や「クリックさせるためのタイトル付け」「商品やサービスに興味を持ってもらうための文章」などの能力や知識が求められます。

webライターの仕事内容

企業のホームページなどに掲載するコラム記事や、ネット上の広告の文章、商品の説明文など、web上にある文章の執筆を行うのがwebライターの仕事です。 紹介したようにあらゆる文章のライティングがあり、その中でもジャンルなどは多岐にわたります。

このように聞くと「さまざまな分野に精通してなきゃいけない?」と感じるかもしれませんが、多くは調べれば誰でも書ける文章のため、基本的には誰でもつける仕事と言えるでしょう。

そのため、主婦や学生、社会人の副業などでwebライターをしている人も多くいます。

誰でもできるけど…

webライターの仕事は誰でもできると書きましたが、もちろん専門分野や専門的な資格があると稼ぎやすい仕事です。誰でも書ける仕事は単価も安く、時給にすると100円程度ということもありますが、ライターとしての技術や、専門分野を持つことで、収入や10倍にも20倍にもなります。

webライターの収入は?

少し触れましたが、webライターの収入は人によって大きく違います。始めたばかりだと時給100円以下ということも少なくありません。しかし、知識や技術がついてくると、時給で1000円、2000円、3000円、と徐々に上げることができます。

文字単価とは

webライターの収入は「文字単価」で決められることが多いです。初心者用の案件だと『0.3円/文字』や『0.5円/文字』などかなり低い場合があります。実績を積むことでこの文字単価が上がり、高い人だと『5.0円/文字』『10円/文字』と高単価となっていきます。

この文字単価を上げることが、webライターとしての収入を上げるポイントとなるのです。

リアルな月収を教えて

「文字単価と聞いてもいまいちピンとこない」「リアルな月収を教えて」という方も多いですよね。ここからは、webライター歴半年の筆者の、リアルな収入をお伝えします。まとめると以下の通りです。

筆者のwebライターとしての収入(すべて副業)
  • 1カ月目…8,000円
  • 2カ月目…15,000円
  • 3カ月目…21,000円
  • 4カ月目…33,000円(ここで一度挫折)
  • 5カ月目…113,000円(半年後に再開)
  • 6カ月目…121,000円

1~4カ月目までは文字単価0.4円~0.6円で執筆していました。また、タイピング速度も遅く、執筆方法にも慣れていなかったので、時給にすると200円程度でした。「こんなに稼げないなんてやってられない!」と挫折し、一度webライターを辞めました。

そこから半年間、たまたまSEOなどwebについて学んだり、タイピング速度を上達させたりする機会があり、いつの間にかwebライターとして必要なスキルを学んでいました。

するとwebライター再開後の5カ月目から、いきなり文字単価1円の仕事を受けられるようになり、執筆速度も上がっているため、一気に収入が跳ね上がったのです。実質1年近くかかりましたが、何とか副業として形にすることができました。

リアルな収入はこんな感じです。初めはほぼタダ働きと思った方がいいでしょう。ですが、スキルを上げると文字単価や執筆速度が上がるため、そこそこ稼ぐことは可能です。

まとめ

今回はwebライターについて、基本的な仕事内容と収入、リアルな月収(参照:筆者)を紹介してきました。webライターについて少しは理解できたかと思います。

webライターは誰でもできるためハードルが低い分、初めのうちはほとんど稼げないという仕事です。ですが、実績やスキルを積み重ねることで、十分な収入アップを見込むことができます。

当ブログではwebライターをはじめ、さまざまな副業などの情報を発信しています。気になる方はぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました