メグ・ジェイ著『人生は20代で決まる』に学ぶ、【20代のうちにやっておくべきこと】

スポンサーリンク
ノスクの日常

外の世界に出て行っていろんな体験をしてる大学生と、大学内とかサークル内だけの交流だけなのに人脈広いと思ってる大学生の、収入人脈の数は20代のうちは差がほとんどないので、この差が後に大きな差になるとは気づきにくいよなぁと思います。

どうも!そもそも友達がいないから発言権が皆無であります、ノスクちゃんです。てへ

気を取り直して、20代って難しい時期ですよね。ほんとに。

↓そんな20代みんなに読んでほしい!救われてほしい!と思った本とこの間で出会えました

全世界の20代が読んだらとても良い世になるんじゃないかなと思うのですが、大学生の50%以上は「まったく本を読まない」という時代なので(ソースは忘れた)、私の願いは非現実的なんですよね~。

なので、20代でやるべきことをまとめましたのでご覧ください。どぞ!

まず伝えたいこと

具体的なことの前に、まず筆者が一番伝えたいことは「人生は何か華々しい瞬間や出会いとともに始まるわけではない!」ということ。

ボストン大学とミシガン大学の研究により「著名人や成功者が一生を語るうえで重要な経験」について調査しました。すると仕事の成功や財産を築くこと、人生の幸不幸にかかわりが深かった経験は、差し迫ったドラマチックな場面とはまったく無縁の、日常的な日々を通じて進展していくということが明らかになりました。

つまり大切なのは積み重ねであり、私たちの人生はドラマや漫画みたいにはいかないのです。

仕事に関すること

アイデンティティキャピタルを備える

アイデンティティキャピタルとは、時間をかけて身に着けたスキルや経験です。20代の人の中には自分が何者かわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。そのように感じることをアイデンティティクライシスといいます。アイデンティティクライシスから脱却し、自分を確立させるカギは、何かに時間や情熱を存分に注ぐです。

ゆるいつながりこそ重要だと知る

最初の行にも書きましたが、簡単に言うと人脈を広くせよです。特に異業種や歳が離れていたり、なるべく自分と遠い人脈が大切です。たしかに、居心地がいいのは自分と近い、大学などの同級生(深いつながり)だと思います。深いつながりを否定しているわけではありません。ですが、仕事や新しい発想をもたらすのは、自分と似ていない、ゆるいつながりの人脈なのです。

まわりに流されない

みなさん、周りに流されて就職したりしてませんか?。近しい人が大企業から内定をもらっていたりすると焦りますよね。すごくわかります。しかし、焦って進路を決めても後悔します。自分は自分です。

恋愛について

結婚をまじめに考える

結婚なんてまだ早い」と思ってませんか?。たしかに、現代は晩婚化の傾向があります。ですが、結婚を全く考えていない人と、このままダラダラ交際し続けますか?。今すぐしろというわけではありません。ただ、「今思えば、あの時の恋人と結婚したかった」なんて30後半になって思ってももう遅いのです。後悔する前に、結婚について真剣に考えてみましょう。

気軽に同棲しない

「結婚とかまだ早いし、とりあえず。」なんて通用しません。同棲を解消するのは思っているよりも難しく、結婚を全く考えていないのであればするべきではありません。

人生について

自信は外からくるものだと知る

20代は仕事を始めたばかりなので、「自分ってまだまだだなぁ」なんて思ったりしますよね。「自身がないからだめなんだ」と上司から言われたり。どうやったら自身を持てるんだろうって。自身というのは経験の果てに芽生えるもの。内側から湧き出るものではありません。

変われるのは20代まで

変わらなきゃ」って思いませんか?思うときってありますよね。でも、心のどこかでは「いつでも変われる」と思っている。実は、パーソナリティの変化は20代までです。歳を重ねるにつれてパーソナリティは変化しにくくなります。時が経つほど変わりにくい。つまり、変わりたいと思った今がチャンスなのです。

ハッピーエンドから逆算して人生を設計する

総じて、計画的なライフプランニングが大切です。

エンディング

何個かあげましたが、まだまだ紹介しきれないことだらけです。実際のカウンセリングのストーリーを元に書かれているので、上のが参考にならなかった人も実際に本読むと共感できるストーリーがあると思います。20代だけでなく、10代、30代、40代の人生に悩んでいる人全員にオススメですー

人生は20代で決まる 仕事・恋愛・将来設計 (ハヤカワ文庫NF ハヤカワ・ノンフィクション文庫) [ メグ・ジェイ ]楽天で購入

以上でーす

コメント

タイトルとURLをコピーしました