これさえ押さえれば受かる!エントリーシート(ES)の書き方【裏ワザも紹介】

スポンサーリンク
就活

エントリーシートってどう書けばいいのか、迷う学生も多いのではないでしょうか。

実はES(エントリーシート)には、基本的なルール押さえておくべきポイントがあります。

今回は、昨年見事に就活を成功させた筆者が、受かるエントリーシートの書き方を紹介します。

最後には“裏ワザ”もあるので、楽しみにしていてください!

スポンサーリンク

基本のポイント

まずは、「これを押さえていないとダメ」、という常識3つです。

これらは守るのが“当たり前”なので、必ず守るようにしましょう。

言葉使い

基本的な敬語を使うのはもちろん、「御社」「貴社」などの就活独特な言葉の使い分けが必要です。(文面のときは「貴社」を使います。)

エントリーシートでのNGなこと
  • 「だから」「でも」などの“話し言葉
  • 「食べれる」などの“ら抜き言葉
  • 「バイト」「学祭」などの“略語
  • 「ですます調」と「である調」の“語尾の混在

これらはESではNGです。

基本的な言葉使いができていないと、「常識がない子」のレッテルが貼られてしますので、注意しましょう。

文字数指定は守る

エントリーシートによっては、「〇〇文字以上」など文字数に条件が付いている場合があります。

当たり前ですが、文字数は守りましょう。

見逃している学生も少なくないので、条件は必ず確認しましょう。

空白をなくす

文字数は指定されていなくても、空白が目立つのは良くありません。

枠がほぼほぼ埋まるように意識して書きましょう。

書き方のポイント

続いて、これらを意識すると、よりESが良くなるというポイントです。

上記が基本のルールだとしたら、これから紹介する3つはマナーだと思ってください。

丁寧に書く

下手でもいいので、丁寧に書きましょう。

字や言葉使いを丁寧にすると、読む相手にも伝わります。

特に採用担当者は、何百枚のESを見るので、ほぼ流し読みです。

パッと見で雑なESだと、内容はほぼ読まれないと思ってください。

聞かれたことに応える

聞かれたことに答えましょう。“当たり前”のようですが、できていない人が多いです。

例えば、「あなたの強みはなんですか」という問いで「部活で全国大会に出場しました」と書く人がいます。

本来ならその後、「目標を達成するための計画力と実行力が〜」みたいな話をするべきなのですが、書いているうちに忘れていたり、文字数制限で入らなかったりで抜けているケースが多々あります。

対処法としては、結論から書くことです。まずは聞かれたことに答えましょう。具体的な体験談はその後です。

具体的に書く

結論を書いたら、具体的なことを書きましょう。

具体的に体験を書けば書くほど、「説得力」「説明力」「オリジナリティ」をアピールすることができます。

出来るだけ具体的に、あなたのことを何も知らない相手に対して、しっかり伝わるように書きましょう。

さらに質を上げるために

ここまでは、エントリーシートの書き方でしたが、ESが受かるためには内容も重要になります。

やはり、「全国大会出場」や「何百人からなるグループの長」などは目を見張る内容ですが、ほとんどの人はそういった実績はありません。

「それを今から作りましょう!!」なんて鬼のようなことは言いません。

そんな実績がなくても、ESの内容を素晴らしいものにする方法があります。

それは、「圧倒的なリサーチ」です。

まずは己を知ろう!「自己分析」の極意

エントリーシートを書く人の多くは「自己分析〜?もうとっくに終わってるよ!」というかもしれませんが、多くの就活生は自己分析が不十分です。

なので多くの学生は、「強みはなんですか?」という問いに対して「責任感」や「協調性」という、曖昧な答えを出してしまいます。

「責任感」がある人なんて今の日本にはいくらでもいます。

そうではなく、「人生において、何を核に生きているのか」という部分まで自己分析をしましょう。

そうすれば、あなただけの「強み」がわかりますし、それがたとえ「責任感」だったとしても、説得力が違います。

自己分析には前田祐二さんの「メモの魔力」があれば十分なので、ぜひチェックしてみてください〜

相手を丸裸にしよう!「企業分析」の極意

彼を知り己を知れば百戦殆からず

孫子

敵の実力や現状をしっかりと把握し、自分自身のことをよくわきまえて戦えば、なんど戦っても、勝つことができるものです。

つまり就活に置き換えると、「自己分析」と「企業研究」をしっかりとやれば、無敵なのです。

それほどに重要な2つを、ライバルの就活生のほとんどはないがしろにしています。

これをやらない手はないのです。

ESに使える裏ワザ

それは、適度に“ふざける”ことです。

例えば、

「学生時代はアルバイトを頑張りました」

ではなく、

「アルバイト先では、“連勤術師”というあだ名がつけられるほど、アルバイトを頑張りました」

のように、少しだけふざけましょう。

企業の採用担当者は、就活の時期になると、何百枚もの似たようなエントリーシートを読みます。もちろん1枚1枚丁寧に読んでいる暇などなく、ほとんどが流し読みです。

その中で、「全国大会出場」などの華々しい実績があれば、それだけで通過になりますが、このような目に止まる実績がない場合は、“オリジナリティ”で採用担当者の目に止まるようにしましょう。

ESを流し読みする採用担当者には、どんな形でも「目に止まる」のはアドバンテージです。

エントリーシートは、自分という商品を売り込む「キャッチコピー」です。

まずは採用担当の興味を“キャッチ”しましょう。

採用担当者たちの中で、印象が残っていればこっちのものです。受かるかは企業次第なのが就活なので、絶対受かるとは言い切れませんが、9割受かります。話題に上がるか上がらないかが重要なのです。

エントリーシート書き方 まとめ

というわけで、ESを良くするためにはこんな感じです↓

エントリーシートの書き方 まとめ
  • 基本のルールを守る
  • 基本のマナーを守る
  • 相手を知り、己を知る
  • 他人と同じようなESは書かない

エントリーシートを書く上で、「これだけをやればいい」というポイントを紹介しました。

かなりためになる内容ですので、ぜひ参考にしてください〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました