読書のモチベーションが上がらないときに読む本

スポンサーリンク
読書

どうも、ノスクちゃんです

むかしから読書は好きですが、少し気を緩めるとゲームをしてしまうし、Twitterを始めるといつの間にか60時間くらい経ってることがあります(ありません)

本を読みたい気持ちとは裏腹に、なかなか実行できないときってありますよね。あるんですよ、わたしは。

そんなときでも、モチベーションを上げてくれる本、あるよ!(本読むモチベーションを本で上げるのかよwwって言わないで、お願い)

それがコチラ↓

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)-amazon

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書) [ 齋藤 孝 ]-楽天

10万部突破してるんですねー、画像で知りました笑

わたしはこの本を今年(2019年)の初めに購入して、手に入れて10か月ほど経ちましたが、5回以上読んでます。

読みすぎww、記憶力無いの?www

、とか言われそうですが、そういうわけではないのです!(記憶力はたしかにありませんが)

わたしはよく、こんなことを思います。

「読書をして、何になるのだろうか」

「自分は読書が本当に好きなのだろうか」

「この読書は意味がないのではないだろうか」

「どの本読めばいいかわかんねーな」

「てか、読書するのめんどくさいな」

「あー、マリオカート楽しいなー。YouTube面白いなー」

よく”読書をすると人生イージーモード”なんて聞きますが、本当にそうなのか。疑問に思うことがよくあるのです。

そんな時に、斉藤孝さんの「読書をする人だけがたどり着ける場所」が救ってくれる。

この本を読むと、

  • なぜ読書をするのか
  • 読書を経てどんな自分になりたいのか
  • 人生に本がないとこんなにヤバいぞ

と、読書の良さを再認識でき、わたしの尻を蹴ってくれる本なのです

読書だけでなく、人生のモチベーションも上がる本なのです

この本のおかげで、今日も読書が楽しいのです♪

以上です~

コメント

タイトルとURLをコピーしました