【ちゃんと言えますか?】神社とお寺の違い

スポンサーリンク
寺院建築

お盆休みは実家で犬と戯れてたら4日も過ぎてたという不思議な期間でした。妖怪の仕業ですね。

どうもノスクちゃんです。猫派です。

神社とお寺の違い、意外と分かりにくいんです。

なぜわかりにくいのか?何が違うのか?見ていきましょう

スポンサーリンク

神社とお寺はなにが違うの?

宗教・崇拝が違う

神社の起源は、豊作を祈る祭りに由来します。日本古来の神道における、神様を呼んでお祈りするものが神社です

代表的な神社、伊勢神宮についてはコチラ↓

お寺は仏教の建物。仏教において、僧が仏を祀る修行をするための施設です。よって崇拝は仏様。

お寺についての起源はコチラ↓

入り口が違う

神社は鳥居

お寺は門

参拝方法が違う

二礼二拍手一礼」ってよく聞きますよね

これは神社。

お寺は拍手はせずに「合掌」。

神社とお寺の違いが分かりにくいのには理由がある

実は、日本に仏教が入ってきて、中国や朝鮮から様々な最新技術が伝来します。すると、「おー、その技術いいね」と言って、神社にお寺っぽい建物が建てられたり、お寺に神社っぽい建物が建てられたりということがあって、一概に「ここが違う」というのがないんです。

この神社とお寺が混ざることを「神仏習合」といいます

まとめ

はい、ドン

というわけで、簡単な表にするとこんな感じです

是非参考に~

コメント

タイトルとURLをコピーしました