『メモの魔力』自己分析100問やってみたら人生変わった。

スポンサーリンク
読書

この時期は休日になると浴衣の人が増えるのでとても気持ちが洗われます。ありがとう。

どうもノスクちゃんです

人生変わりました。

『メモの魔力』みなさんは読みましたでしょうか?話題になったし長い間本屋の平積みになっているので、読んだことないけど見たことアルヨー!って方も多いのではないでしょうか。ちょっと調べましたところ、2019年7月くらいかな?の時点で36万部突破してるそうで、まだまだ勢いは衰えないですね、すげー

著者は前田祐二さん。showroomという動画配信・視聴アプリを作った会社の社長。興味ないけど、あの石原さとみさんと付き合ってるとか。興味ないけど。羨ましいぜ。

前田さんは少し前に『人生の勝算』という本を出していて、それもすごく人気。ノスクちゃんも読みましたが、すごかった。前田さんの生い立ちから現在のshowroomまで書かれていて、挫折あり出会いあり成功ありと、「話」としてもとても面白いのですが、前田さんの思考の数、行動の数が桁違いで、自分も少しでも近づけたらなと憧れを持ちました。

その、前田さんの思考と行動の”原点”が今回の『メモの魔力』に詰まっていて、前田さんになりたい私はすぐ読みました。

内容は、前田さんのメモ術。どうしてメモなのか、どういった効果があるのか、一般的なメモとの違い、具体的なメモのやり方から、実際の前田さんのメモまで書いてあって、すぐにでもマネできるようになっています。ありがたい!

で、この本の巻末に、自己分析1000問というものがあります。前田さんが”手始めにこれやってみな”と、自己分析に関する質問1000問を用意してあります。なんて使いやすい本なんだろう。

というわけで、1000問のうちの最初の100門をノスクちゃんが実際にやってみたメモと、感想、やる前とやった後の劇的な違いを紹介します。


スポンサーリンク

実際にやったメモ

質問はこんな感じ↓

夢についての100問。小さい頃の夢から将来の夢などについて。

で、メモ魔流のメモはこんな感じ↓

左ページにファクト、右ページに抽象化と転用。


人生変わった

この100問をして、人生が変わりました。自分のやりたいこと、夢や目標、大切にしていることに気づいた。それに向けてどういう行動をすればいいのかを知った。

私ごとだけど、就活に迷っている時期にこれをやり始めて、やっていくうちに「あ、こういうことやりたいのか」というのに気づけて、やりたいことができる大学院に行くことに決めました。こういう就活や将来に迷っている人には特にオススメです。

感想

先日、堀江貴文さんの『情報だけを武器にしろ』を読みました↑。いかに情報を得て、いかに情報を使うか。それが現代では大切だと学びました。その”情報を使う“具体的なやりかたの1つとしてメモの魔力は非常に良い!

情報は使ってこそ価値。知ってるだけではなににもなりません。でもどう使えばいいのかイマイチわからない。わからなかったんですよ、私は。それをメモの魔力が解決してくれた。抽象化して情報を俯瞰で見て、転用で使えるものへと変える。

情報の使い方“の教科書ですね。

なんか、書評とかどうしても宣伝みたいになってしまう汗

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

コメント

タイトルとURLをコピーしました