面接が苦手な人のための、面接対処法と苦手克服法を紹介!

スポンサーリンク

面接が嫌だなぁ」「面接面接やりたくないなぁ」などと考えた事はありませんか?

就活では面接は欠かせません。ですが苦手意識を持っている人も多いようです。

そこで今回は、面接が苦手な人のための、原因と対処法について紹介しています。

この記事を参考にして、面接を乗り越えましょう。

スポンサーリンク

面接の苦手意識は自分で克服できる

面接の苦手意識は自分で克服することができます。

原因を把握しそれに対する対処をすれば、面接の苦手意識はなくなります

面接が苦手な理由①緊張

面接の面接が苦手な理由の1つ目は緊張です。

面接の前にドキドキしてめまいがしそうになった事はありませんか?

ちなみに筆者はあります。

こうなってしまうと普段の自分の力でできないため、面接が苦手と感じてしまうようです。

面接が苦手な理由②話すのが苦手

面接が苦手な理由の2つ目はそもそも話すのが苦手と言うことです。

筆者もそうなのですが、人と話すことに慣れていなかったり、コミニュケーションに苦手意識があるとそのまま面接も苦手と感じてしまいます。

面接が苦手な理由③失敗するんじゃないかとネガティブになっている

面接が苦手な理由の3つ目は失敗するのではないかとネガティブになっていると言うことです。

失敗できないと言う緊張感や、内定をもらわなければならないと言う焦りから、普段の自分の力を発揮できなくなっている可能性があります。

また、ネガティブな感情で面接に臨むと、表情も硬く面接官からの印象も悪くなってしまうことで、結果が伴わないことがあります。

面接が苦手な理由④過去に失敗をした

面接が苦手な理由の4つ目は過去に失敗したと言う経験がトラウマになっていると言うことです。

過去の面接でなかなか良い結果が出なかったり、払拭できないような失敗を経験してしまうと、それがトラウマとなり面接で思ったような力が出せなくなってしまいます。

面接に苦手意識がある人の対処法 ①ゆっくり話す 、焦って話さない

面接に苦手意識がある人の対処法の1つ目は、ゆっくり話す、あせらず話すと言うことです。

緊張や不安焦りから早口になってしまったり、脳が追いつかないスピードで話してしまうと、思ったような力が出せず、良い結果が出ません。

意識的にゆっくり話す、あせらず話すと言う事を意識して面接に臨みましょう。

面接に苦手意識がある人の対処法 ②失敗してもOKと考える

面接に苦手意識がある人の対処法の2つ目は、失敗しても大丈夫、失敗してもオッケーと考えると言うことです。

就職活動では、15社に1社内定をもらえるのが平均と言われています。

ですので、この企業にもらえ内定をもらえなくても、他の企業で内定をもらえば良いと軽く考えておきましょう。

そうすることで肩の力が抜け、本来のあなたの力が発揮できますよ。

面接に苦手意識がある人の対処法 ③論理的に説明する

面接に苦手意識がある人の対処法の3つ目は、論理的に説明すると言うことです。

面接に苦手意識のある人は、物事を論理的に話すことが苦手な傾向にあります。

自分は一生懸命話しているのに、相手になかなか伝わっていない」と言う経験はありませんか。

これは論理的にあなたが話せていないからかもしれません。

ですので、面接では論理的に話すよう心がけましょう。そうすることで面接官の反応も良くなり、めんせつの苦手意識も改善していきますよ。

面接に苦手意識がある人の対処法 ④面接の数をこなす

面接に苦手意識がある人の対処法の4つ目は、面接の数をこなすと言うことです。

面接の苦手意識は一長一短で払拭できることがなかなかありません。

なので、場慣れするためにも面接こなすことが大切になります。様々な面接を受け、苦手意識を徐々に克服していきましょう。

「面接が苦手」を克服するには?①自分を磨き、自信をつける

「面接が苦手」を克服するための方法1つ目は、自分を磨きに自分に自信をつけることです。

自分に自信がある人は、表情も柔らかく、胸を張り、姿勢も良く、堂々としており、面接官に好印象を持たれる傾向にあります。

そのため、面接で結果を出したいなら、自信を持つことが最も早い方法だと言われています。自分を磨き、自信を持つことで、面接が苦手を克服することができます。

具体的には髪型や、メイク体型など、自分で変えることができることをしてみましょう。

普段はいかないような高い美容院に行くのもいいですし、筋トレを始めるのも1つの方法ですよ。

「面接が苦手」を克服するには?②歳の離れた人との会話に慣れる

「面接が苦手」を克服するための2つ目は、歳の離れた人との会話に慣れると言うことです。

面接官はあなたと歳の離れた採用担当であることが多く、学生時代ではあまりなかった相手との会話になります。

そのため、歳の離れた人としゃべると言うだけで、緊張する人もいるのではないでしょうか。

ですので、まずは、歳の離れた人との会話に慣れましょう。

身内や先生、スーパーの店員さんでも練習できますよ

面接でうまく話せなくても大丈夫

ここまで面接が苦手な人のための克服方法や対処法を紹介してきましたが、筆者から覚えておいてほしいことが1つあります。

それは、「面接がうまくいかなくても、心配しすぎないで」と言うことです。

就職活動は面接だけではありません。

エントリーシートや、SPIでも十分巻き返せます。

それに、面接でうまく話せなくても、喋っている内容や、熱意が伝われば、採用にこぎつけることも十分可能です。

気負わず、リラックスして臨みましょう。

面接で一番大切なのは「準備」

面接は、本番一発勝負だと思われがちですが、実は、準備を怠らなかった人が勝ちます

あなたが面接に苦手意識があるならば、まずは準備を徹底することから始めましょう。

準備を徹底することで、自信がつきますし、しゃべることが決まっていると、焦っても大丈夫と言う余裕が生まれます。

まとめ

今回は、面接が苦手な人の原因と対処法について紹介してきました。

親切なになってない人の特徴として、うまくしゃべらないといけないと言うプレッシャーを自分に貸している人が多いように感じます。

ここでうまくしゃべれなくても大丈夫と理解し、方の力を抜いて目指してみてはいかがでしょうか。

あなたの面接がうまくいくことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました