面接ボロボロでも受かる!【体験談と立ち直り方も紹介!!】

就活

面接で力を出し切れなくて悩んでいませんか?

練習したのに思い通り行かなかった」「用意していた答えが飛んでしまった」など、面接がボロボロになってしまうことってありますよね。

今回は、コミュ症緊張しいなのに就活を成功させた筆者の体験談と、立ち直り方を紹介します。

みなさん、安心してください!ボロボロでも、大丈夫です!!

面接がボロボロになってしまう原因

面接がボロボロになってしまうのは原因があります。まずは自分がなぜボロボロになってしまうのかを確認しましょう。

単純に準備不足

面接には多くの準備が必要です。

  • 自己PRをするための「自己分析
  • 志望動機を答えるための「企業研究
  • よくある質問の対策
  • 身だしなみ姿勢心構え

これらの準備が足りないと、面接はボロボロになります。

ですが逆に、上記の準備が足りない場合は、それをやればいいだけなので対策はできます。

まずはこれらの準備をすることから始めてみましょう。

コミュニケーション能力が低い

人を前にすると順序立てて話せなかったり、相手の目を見れずに視線が下に行ってしまったり、声が小さくなってしまったりと、コミュニケーション能力が低いのが原因のパターンがあります。

用意していた言葉が出てこなかったり、何度も何度も噛んだり、終わったあとは「うまくできなかったー!」と悔しくなりますよね。

これは、筆者も苦労しました。数ヶ月で治るものではないからです。

ですが、人見知りには人見知りの戦い方があります。それは後ほど。

どうしても緊張してしまう

面接官を前にすると頭が真っ白になってしまう。声が上ずってしまう。

これも対策は難しいです。「緊張するな!」と言うわけにもいきません。

これは結局、“練習あるのみ”です。

緊張はします。手のひらに「人」の字を書こうが、深呼吸しようが、緊張はします。

緊張してもなお、言いたいことは言えるように、何度も練習しましょう。

面接がボロボロだったときの立ち直り方

面接がボロボロだったときってヘコみますよね。

せっかく頑張ってES書いたのに」「このまま就活がうまくいかないんじゃないか

しかし、就活中は落ち込んでいる時間は多くはありません。

気持ちを立て直し、次に向かうコツを紹介します。

アレは練習だったと開き直る

面接がボロボロだったのなら、「アレは練習だった」と開き直ってしまいましょう。

面接の独特の雰囲気や緊張感は本番でしか味わえません。

「良い練習になった」「次は同じミスはしない」と、ポジティブに考えましょう。

気分転換する

つらいと感じたときは、行き詰まっているのでリフレッシュが必要です。

少しの間だけ趣味に没頭したり、カラオケに行ったり、面接のことは一旦忘れて、はしゃぎましょう。

友達に話す

悩みや苦悩は誰かに話すことによって、軽くなったり解決したりすることが多いです。

わざわざ時間を割いてでも気のおける知人・友人・家族と会話するといいでしょう。

落ち込んでいても、きっと立ち直ることができます。

うまくいかなくて当然と割り切る

実は、株式会社ディスコの調査によると、 19卒の7月1日時点での平均的内定社数は、2.3社。 平均的なエントリー数は30.7社 

つまり、面接に通る確率は1割以下の狭き門です。

当然、面接もふるい落すようなものも多いです。

うまくいかなくて当然と割り切りましょう。

面接がボロボロでも大丈夫

コミュニケーションがダメならそれ以外を頑張る

筆者がある会社の個別説明会に参加したとき、一通り説明会が終わったあと、そこの採用担当の社員さんに

「コミュニケーション苦手?面接大丈夫?」と言われました。

そう、私はコミュ症が故、説明会中に「はい」としか発していなかったのである。

「質問ありますか?」に対しても「はい」と答えておし黙るほどであった。

もちろん、「コミュニケーション苦手?面接大丈夫?」に対しても「はい」としか答えられず。

すると、その採用担当者さんが、

「面接でコミュニケーション能力がないなら、エントリーシートをガチったほうがいいよ」

「とくに、自己PR志望動機。志望動機は『この会社だから入りたい』という独自性があると受かるよ」と。

筆者はそれを言われてから、「面接が苦手だから他を頑張る」を徹底しました。

特に、ESは面接の代わりだと思って書きました。

結果、面接はボロボロでしたが、内定を頂くことができました。

職種によってはコミュニケーション能力が最も重視されるかもしれませんが、そうでなければ、他の能力でカバーしましょう。

面接がボロボロ まとめ

面接がボロボロでも内定をもらえることはありますし、もらえなくても、あなたとその企業の相性が悪かっただけにすぎません。

気にせず、次に向かいましょう。

面接に苦手意識があるなら、ESを頑張るのも1つの手です。

ぜひ参考にしてみてください〜

タイトルとURLをコピーしました